バイクの出口【売り方について考えてみよう!】

オートバイの仕組みと整備
スポンサーリンク

 皆さんこんにちは。aohitoです。

 今回はバイクの出口、売り方について考えてみようと思います。

バイクの入り口【買い方を考えてみよう!】No.1
 皆さんこんにちは。aohitoです。 今回はバイクの買い方についてちょっと話して見ようと思います。 僕も初めはそうだったんですけどバイクを買うのってとても悩む!笑 当時は高校生でしたし、今ほどネットの時代ではなか...
バイクの入り口【買い方を考えてみよう!】No2
 皆さんこんにちは。aohitoです。 前回に引き続きバイクの買い方について考えてみようと思います。 それでは早速いきましょう!排気量で選ぶ!600ccくらいのミドルクラス 個人的に...

 ※買い方についてはこちら

 バイク歴が長いライダーさんほど、色々な車両に乗り継いできたかと思います。そして、その都度、手放してきた車両も多いかもしれません。

 家族が出来てバイクに乗る時間が取れなくなった、事故して廃車になった、急にお金が必要になった、次の車両を買う為の費用に充てたいなどなど。

 手放す理由はそれぞれですが、もし売却するのであればどういった方法があるのか?そして、それぞれのメリットデメリットは何か?っていう所を考えていこうと思います。

 僕自身も何台か乗り継いできて、買取業者さんに買って頂いたり、友人に譲ったり、オークションに出したりなどの経験があるので、それらを踏まえて話していこうと思います。

 それでは、いきましょう!

スポンサーリンク

買い取り業者さんにお願いする!

 一番に思いつくのはこの方法かと思います。電話やメールで直ぐに自宅まで来てくれる業者さんが多いので、非常に楽ですね。

 早ければ当日に来てもらえる事もあるので、その場で現金化できる可能性もあります。話さえまとまってしまえば一番簡単な方法かなと思ます。

 又、事故車や不動車の買い取りもやってくれるので、バイクが動かないとか自分ではどうしようもないって時には便利だと思います。

 『よし、じゃあ買い取り業者さんに頼もう!』

 となった時、じゃあどこに出すの?ってなると思います。買取業者さんというのも数が多いので、悩みどころだと思います。

 そういう時に便利なのが一括査定のシステムですね。

 必要事項を記入すればあとは業者さんから連絡がくるので、大体の査定額を聞いて興味が持てたら実車の査定という流れになると思います。僕もこのシステムを利用した事があるのですが、確かに便利だとは思いました。

 ただ、PCで申し込みをした瞬間に色んな業者さんから電話が掛かってきて、対応仕切れませんでした。笑

 仕事の合間に査定をお願いしたので、仕事中に一時は携帯が鳴りっぱなしだったので、めちゃ焦った記憶があります。なので査定をお願いする時は、落ち着いた環境で時間がとれるタイミングでした方が、電話でしっかり話しが出来るのでその方がいいでしょう。

 そして、おそらく一番気になるであろう『どこに出したら高く売れるか?』って話なのですが、まず価格というのは相場があるのでタイミングによって値動きがある事、それに伴い業者さんそれぞれの事情があります。

 なので『ここの業者さんなら間違いなく高く売れる!』なんて事は言えないという事を理解して読み進めていって欲しいなと思います。

 一括査定を行うと色々な業者さんから連絡がくると思うのですが、正直な所おそらくどこもそんなに大差ないです。A社で10万と言われた車両が、B社では20万になるっていうのはあまり聞いた事がないですね。

 これは先程言った様に買い取り業者さんの買取価格もオークション相場をベースに、自社の利益分を考えて買い取るので、その差は数万円程度と考えた方がいいでしょう。

 もちろん『その数万円がでかいんだ!』って方はそれぞれの買い取り業者さんに診てもらって一社一社査定額を出してもらえば良いと思います。

 ただし、日程、時間調整はそれなりに大変だと思うので、時間が取れるのであればそれもありだと思います。

 又は『全部の業者さんに来てもらうのは時間的に無理だし、めんどくさい!』って人も多いと思うので、電話の時点である程度高い査定額を出してもらった会社、数社に現車確認してもらって早めに手を打つっていうのが良いんじゃないかな?と個人的には思います。

 『せっかく来たんだから手ぶらじゃ、帰れない!』っていう業者さんもいらっしゃるので、全ての方と交渉するは、なかなか骨の折れる作業だと思いますよ。

 そんな買取業さんの中でもオススメなのが、自社で販売も行っている所ですね。つまり買い取り屋さんというより中古販売も行っているバイク屋さんって感じですね。

 もし、そういったところが買い取り業務も行っていれば狙い目かもしれません。そういったショップさんはオークションを挟まずにそのまま店頭に並べられるので、あちらが欲しい車両であれば比較的高値で買い取ってもらえる事もあります。

 これは僕の経験ですが、ある車両を一括査定でお願いした際、多くの業者さんが22万から25万くらいの査定額。そんな中でも、一社だけとても頑張ってくれて27万というのを提示してくれたので、そこに決めようかと思っていました。

 しかし、最後に近場のバイクショップさん(3、4店舗を持つ大きなショップさん)は33万という買取額。

 これはびっくりでしたね。良い意味で予想外だったので話を聞くと…

  • 自らの店舗にすぐ置けるから
  • オークションで買ってもこれくらいの値段になるので、この場で買ってしまった方が早いから
  • 店舗を拡大してる最中だから在庫が欲しかった

 等の理由があったそうです。どれも納得ですね。タイミングが良かったというのもありますが、自社で販売してる所であればこういった可能性が出てくるので、すぐにでも売り出せる様な、状態の良いバイクであればチャンスはあるかもしれません。

下取りに出す!

 これも可能であれば良い方法だと思います。面倒な手続きはショップさんがやってくれるので手間がなくて良いですよね。又、ショップさんとしても車両を買ってくれるわけですから、多少のワガママは聞いてくれるかもしれません。笑

 下取りに出した車両も、そこで購入したものであればショップさん的にも安心感のある中古車両ということになるので査定でもプラスになるかもしれません。

 そういったやり取りをしていく中で付き合いが長くなり、ショップさんとの信頼関係が深まっていくのは非常に良い事だなと思います。

 ただ、中古販売してないショップさんであればやはりオークションに流れていく可能性が高いので、そうなるとやはりオークション相場が強く影響してくるので、他の買い取り業者と大して変わらないなんて事もあるかもしれません。

 なので、新車購入時の見積もりの段階である程度判断して、そのまま下取ってもらうか、他で買ってもらうか判断すればいいでしょう。

オークションに出品する!

 一番高く売りたいのであれば、やはり本人が売るというのが一番かと思います。相場も考慮する必要はありますが、売りたい金額で売れるので自分の希望通りになる可能性はあります。

 しかし、廃車手続きや場合によっては陸送の手配など、面倒な事が多いのもこの方法です。紹介文や写真なども分かりやすく書いたり撮ったりしなければなので、こういった作業がめんどくさい方には向かないかもしれないですね。ちなみに、僕も以前出品した事がありますが、なかなか面倒でしたね。笑

 又、オークションでは無用なトラブルを防ぐためにも売る側も責任を持って売らないといけないよねって思います。

 売った直後に故障したり、到着したら既に調子悪いとかそんな車両も多くみたので、売る側もある程度考えてあげないといけないんじゃないかな?と思います。

 もちろん、売る側も悪意があって出品してるとは思いませんが“それにしてもこれじゃあ買った人が可愛そう“みたいな車両も結構あったりします。

 『それがオークションだろ?』と言われればそうなんですが、もし出品するのであればそこも考えてあげた方が優しいんじゃないかなと僕は思います。

 オークションの良いところは高く売れた、安く買えたというのだと思いますが、こういった注意点もあるというのは理解しておいた方がいいでしょう。

友人、知人に売る!

 僕は個人的には一番好きな売り方です。やはり自分が大切に乗ってきた愛車ですから『この人なら!』と思える人に乗ってもらいたいなっていうのが強いんですよね。

 もちろんいつも都合よく買い手がみつかるとは限りませんが、それでも色々連絡とったりして買い手を探したりするのも悪くないなと思っています。

 更に友人、知人であれば比較的近場の人が多いので現車確認もスムーズに行えたり、お互いの妥協点をうまく見つけてあげれば良い取引が出来ると思っています。

 ただ、人によってはトラブルになると面倒だからという理由でオススメしないという方もいる様ですね。

 確かに関係が近い分、トラブルは避けたいですよね。お金が絡んでくると面倒というのものよくわかります。

 ただ、目の前の相手が喜んでくれて、更に大切に乗ってくれているんだなっていうのがわかるのはシンプルに嬉しかったりするので、僕はそっちのメリットを取っちゃったりします。

 この辺の考え方についは個人差がかなりあるとは思います。書いてる人間の体験によるところも大きいと思うので、どちらも間違いではないでしょう。


 以上がバイクの売り方についてです。

 それぞれメリット、デメリットというのは当然あるので自分の理想と置かれた状況等を踏まえて判断してもらえたらと思います。

 大切にしてきた相棒とのいい別れ方の参考になれば幸いです。


 ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました