ペイントを楽しむ為の基礎知識【No.4】~補修用パテの種類とサーフェーサー~

塗装の知識と実践
スポンサーリンク

 皆さんこんにちは。aohitoです。

 前回に続き、今回はパテについてです。

ペイントを楽しむ為の基礎知識【No.3】~塗装の種類と補修用塗料について~
 皆さんこんにちは。aohitoです。 今回は、前回の続きから 塗装の種類や補修用塗料についての解説です。 それではいきましょう!下塗り プライマーという塗料を塗装する工程です。防錆...

 DIYで塗装をするのであれば、パテによる補修も入ってくるかと思います。ここでは基本的な知識を上げていくので、具体的な方法は別記事で細かく解説していきますね。

 それではいきましょう!

スポンサーリンク

パテの基本

 素材の凹凸を埋めるための塗料です。タンクが凹んでしまったり、カウルが割れてしまった時、又、穴埋めなどをした時に使います。

 基本的な下地作業にあたる、アシ付けや傷を落としたりというのは、表面を削るわけですからマイナスにするわけですよね?なので、プラスにする(高さをだす)唯一の方法はパテなどの体質顔料を盛るしかないということです。

 正直な所、パテで正確な形を出すというのはそれなりに経験を積まないと難しいです。しっかりと平らな面を出せているのか、元の形が復元出来ているのか、手でさわった感覚が物を言う世界なので、スグに出来るものではないでしょう。

 ただ、僕の今までの経験や知識で初心者の方でも、ある程度出来るようになる方法を実践編であげていきますので、是非ご覧になってください。

パテの種類

 パテと言っても種類は色々です。使用目的や素材によって適切なパテを選択しないと、後々に不具合が発生しますので、しっかりと把握しておきましょう。

鈑金パテ

 厚付けタイプなので、深めの凹み等にも対応できます。密着性も良好ですが、表面が荒いです。

 つまり、スアナ(細かな穴)が空きやすいです。

 なので、パテを盛る際には、しっかりと空気を抜くようにパテを動かして盛ってあげるといいでしょう。動かすというのはヘラでパテを盛ったら、逆方向からヘラで馴染ませたりする事です。もし、スアナが空いた場合は後述するポリパテで埋めてあげると良いでしょう。

ゼロ収縮 ソーラー 極 80 鈑金パテ 1kgセット /標準 厚盛10mm 板金/補修/ウレタン塗料 (1)
【極パテ♯80の特長】 1.厚付けが一度に可能で、研削性が極めて良く、深い傷・凹みの補修に最適です。 2.ヘラの伸び、ヘラ切れが良く、ヘラ付け作業性に優れています。 3.高張力鋼板、防錆鋼板、アルミ板、ステンレス等の様々な鋼板に対応しています。 4.研削可能時間がより早く、目詰まりを気にせず、短時間での補修が可能になり...

中間パテ

 鈑金パテとポリパテの中間という意味でこう言われています。元々はワックスタイプとノンワックスタイプなの中間という意味だったそうです。こちらも厚付けタイプですが、鈑金パテよりは表面がきめ細かいので、スアナは空きにくいです。研磨性も良好です。

ゼロ収縮 ソーラー 極 120 中間パテ1kgセット /標準 膜厚5mm 板金/補修/ウレタン塗料 (1)
【極パテ♯120の特長】 1.厚付けから、仕上げまで一品で可能で作業時間の短縮に極めて効果的です。 2.ヘラの伸び、ヘラ切れが良く、ヘラ付け作業性に優れています。 3.高張力鋼板、防錆鋼板、アルミ板、ステンレス等の様々な鋼板に対応しています。 4.研削可能時間がより早く、目詰りを気にせず、短時間での補修が可能になります...

ポリパテ

 ポリエステルパテの略称です。厚吐けタイプから薄付けタイプまで、各種あります。きめ細かいのが特徴で、最後の仕上げに向いています。研磨性も良好なので、比較的サクサク研ぐことができます。

 ただ、鈑金パテや中間パテに比べると、厚付け性や密着性は劣りますます。なので、僕は基本的には仕上げ用と割りきって使っています。

驚くほどに良く研げる! イサム ラクーダ 180 ポリパテ 小分け 1kgセット/標準 膜厚2mm 鈑金/補修/ウレタン塗料 (1)
【用途】 自動車鋼板(超高張力鋼板、防錆鋼板、アルミ素材、一般鋼板等)の塗装下地 【ラクーダパテの特長】 1.驚くほどの研磨性です。 2.超高張力鋼板・防錆鋼板・アルミ素材対応”低収縮タイプ”です。 3.キワの密着・耐熱性・パテヤセなど問題なく安心してご使用頂けます。 4.(※)S型(夏用)不要。専用パステルエローペー...

ラッカーパテ

 薄付けタイプでポイントで使います。例えばサーフェーサー塗装後に、スアナが空いてしまった時などです。耐久性や密着性、厚付けも苦手なので、あくまでラッカーパテは応急処置用と考えた方がいいでしょう。

ロックペイント ロックラッカー グレージングパテII グリーン 250g 029-0213-65
ヘラ伸びがよく、ひろいパテに最適です。 1液性のチューブ入りなので、ロスなく最後まで使えます。

アルミパテ・ファイバーパテ

 厚付けタイプで耐久性や防錆力にすぐれています。アルミ粉末が入っているので、アルミパテとも言われます。又、密着性や強度、柔軟性を持たす為にガラス繊維やカーボン繊維が入っているものをファイバーパテといいます。硬化させる為に熱と時間をかけなければいけない為、作業性はあまり良くありません。

 とはいえ、個人的にはオススメしているパテではあります。理由としては、まず、ヤセにくい。ヤセるというのは後述しますね。そして、強度が高いので、多少厚盛りしても大丈夫。研磨具合は固いので、少し大変かもしれませんが道具を上手く使えば問題ありません。メーカーによって性能に差はあるものの、信頼出来るタイプのパテかなぁとは思っております。

Bitly

パンパーパテ

 プラスティックに使うパテです。比較的、研磨性も良く、扱い易いパテだと思います。ただ、種類によるかもしれませんが、硬化にはそれなりに時間がかかります。

イサム バンパーパテ 400g +パステルエローペーストセット
イサム塗料の人気商品 バンパー専用パテ(400g)と硬化剤(80g)のセットです。 特徴 ・研磨性が、抜群によい ・キメ細かく、巣穴が少ない。 ・ウレタンバンパー、PPバンパーなどにもプライマー不要で密着良好 使用法:パステルエローペーストを主剤へ2~3%混ぜてください。 容量:バンパーパテ:400g、パステルエローペ...

光硬化パテ

 これが面白いパテで、「熱」ではなく「光(紫外線や可視光線)」で硬化させます。なので、専用の照射機が必要になります。比較的、軽補修などスピードが必要な作業に用いられています。

SOFT99 (99工房) 補修用品 光硬化パテ 12g 09213
エアータッチの前に使うキズ埋め剤! ●太陽光線に反応して硬化するキズ埋め剤。深さ2mmまでの浅いキズ埋めが、超スピーディに! ●小キズに使いやすい“極細とんがりノズル"を採用し、初めての方でもカンタンにキズ埋めが可能。盛り上げ過ぎたパテは、付属のヘラでサッとしごき取ればOK。 ●硬化後に付属のサンドペーパーで研磨すれば...

太陽光で乾燥させるタイプなので、設備がなくても作業できるのは良いですね。

パテヤセとは?

 パテがヤセてしまい、綺麗に形を出した筈が、熱をかけたら歪みが出たりする事を言います。パテには少なからず、溶剤が入っています。これが、蒸発してしまう事、或いは主剤と硬化剤が反応する事で体積が減少してしまう為に起きる減少です。

 なので、この辺りも計算してパテ成形をしなければいけません。乾燥後、綺麗に直したつもりが、おかしな歪みが出てきても嫌ですからね。

プラサフとは

  防錆と密着を目的とするプライマー、肉持ちや隠蔽性、付着性を目的意識とするサーフェーサーを併せた塗料です。なので、プラサフには、防せい、密着、膜厚、シール性などの幅広い性能が要求されます。

ホートク 関西ペイント 2液 JUST ウレタン プラサフ 1kgセット/自動車用ウレタン塗料 カンペ ウレタン 塗料 サフェーサー
【特徴】 1.高仕上がりタイプ2液プラサフです。 2.上塗り後の塗りツヤが良く、パテ研ぎ等のペーパー目が出にくい。 3.防錆鋼板・アルミへの密着力、耐ブリスター性に優れます。 4.ハイソリッド化により、肉持ち感に優れます。 【適用素材】 自動車用鋼板(防錆鋼板・アルミ) 【色調】 ライトグレー 【塗装要領】 1.調合 ...

ラッカー系プラサフ

 1液タイプです。特徴としては乾燥が早く、常温で乾く。研磨性も良好で、比較的安価です。ただ、厚付けは難しく、シール性も弱いです。なので、ちょっとした部分修正とか、とにかく安く済ませたいみたいな時以外はあまり出番はないのかなと思います。

ホートク 【関西ペイント 1液プラサフ(希釈済)グレー 2kg】 自動車用ウレタン塗料 カンペ ウレタン 塗料 サフェーサー
★無地缶に詰め替えてのお届けとなります。 ※この商品はスプレーガン塗装用です。 【特徴】 1.速乾性、研磨作業性が良い。 2.ラッカー系、ウレタン系の上塗りが使用可能。 【塗装要領】 I.H.S粘土(20℃):14~18秒 膜厚(μm):40~50 乾燥条件 指蝕乾燥:(20℃)5分 研磨可能:20分以上/60℃ 30...

ウレタン系プラサフ

 2液タイプです。(主剤と硬化剤が別れており、都度混合するタイプ)基本的にはこちらをオススメします。が、とはいえ個人で行うのであれば2液はちょっと敷居が高いので、エアゾルタイプでOKです。

ロックペイント エアーロック プラサフスプレー グレー 420ml 062-1940-6K
塗布面積:2.3~2.7m2 塗り重ね可能時間:2時間以上(20℃) 水とぎ可能時間:10~20分(20℃) 空とぎ可能時間:20~30分(20℃) 塗布面積(]):2.3~2.7 色:グレー 容量(L):0.42 質量(g):434 速乾性で、研磨性に優れています。 付着性、防錆力に優れ、上塗り塗料の耐久性が向上し...

 特徴としては、上塗りのシール効果が高いです。つまり、色を吸いにくいということです。吸い込み防止効果が低いとツヤが引いてあまり綺麗に仕上がりませんので。

 又、ラッカーに比べヤセにくいです。研磨性は多少劣るので、慣れてないと多少時間がかかるかもしれません。乾燥には熱をかけるのが基本ですが、速乾タイプもあるのでそちらを利用するのも良いでしょう。

ウレタン系プラサフには種類が多いので、以下に紹介しておきます。

 ・合成樹脂系

 樹脂を主な成分としています。専用シンナーの溶解力が弱めなので、下の塗膜を侵さずにシールする事ができます。大型車などに使われているようです。

 ・エポキシ系

 エポキシ樹脂を主な成分としています。なので、これはウレタン系ではなくエポキシ系ですね。防錆、密着、対薬品性に優れている優れたプラサフです。

 ・水性プラサフ

 近年では、世界的に環境への対策から水性化が進んでいます。吸い込みも少なく、研磨性も良好です。水性なので、樹脂部品への影響も少ないです。

 ・光硬化プラサフ

 熱ではなく光(可視光線や紫外線)で、反応して硬化するタイプです。乾燥が早いので、軽補修用として使われているようです。

 ・ノンサンディングプラサフ

 ノンサンディング、つまり研磨しなくても上塗りできるタイプです。こういうのをウエットオンウエットと言います。下が塗られた状態=濡れているので、こういった表現になったのでしょう。

 通常であれば、プラサフ塗装後、乾燥させて研磨して色を吹くのですが、これは研磨を省けます。一見、優れているように思えますが、仕上がりは、あまり期待出来ません。クオリティよりスピード重視のタイプですね。

スプレーパテ

 ポリパテのスプレータイプと思っていただければOKです。ポリパテとプラサフの中間に位置付けられています。

 個人的にはオススメしている下地塗料です。スプレーパテを塗装することで、部品の細かな歪みやスアナなどを、埋めてカバーしてくれます。手間ではありますが、この一手間が最終的なクオリティにとても影響してきます。

 特に、FRPパーツや金属系のパーツには良いと思います。形がしっかり出ているパーツであれば良いのですが、FRPや社外品の金属パーツは歪んでいたり、凹んでいる事が非常に多いです。なので、そこをカバーしてくれるというのは大きなメリットだと思います。

サーフェーサー

 プラサフにはプライマーの効果がありますが、サーフェーサーにはありません。つまり、プライマーを塗装した後に、塗装する下地塗料です。こちらは、プライマーを塗装後に再度塗装するので、面倒に感じるかもしれませんが、分けて考えるのが本来の考え方かなと思います。

 プライマーにはプライマーの、サーフェーサーにはサーフェーサーの役割があるので、一つにまとめずに、各々の良いところをしっかり出してあげたほうが、本来の性能が発揮されると思います。 

シーラー

 上塗りと下の塗膜などに塗装するシール剤です。例えばFRPで部品を成形した、どこかの隙間を埋めたり、水の侵入を防ぐ為に使われたりします。

3M ウレタンボデーシーラー 白 #8542 [HTRC3]
ドリップレール、車体外部、内部の接合部や合わせ目等細いすき間のシールに使います。 チューブからの押し出し性が良く、糸ひき、変色のないシーラーです。 肉やせも無く、硬化後はゴム状の弾性を持ちます。

 次回は上塗りの説明、その後にいよいよ具体的な作業手順に入っていきます。

ペイントを楽しむ為の基礎知識【No.5】〜上塗りの説明から実際の作業手順を解説していきます〜
 皆さんこんちは。aohitoです。 前回は補修用のパテの説明をしました。 今回からは実際の作業手順を細かく解説していきますね。 まずはその前に、前回の続きの上塗り工程の説明からです。 それではいきます!上塗り(ベースコート、クリアコート)

 ここまで、読んで頂きありがとうございます♪

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました